日中両国の介護分野における新たな人材ビジネスモデルの構築を目指した戦略的業務提携を締結

当社は、北京江山泰然健康産業集団有限公司(本社:中国北京市海淀区、董事長:向軍、以下江山グループ、江山ホールディングス傘下 株式コード00295.HK)と日中両国の介護分野における新たな人材ビジネスモデルの構築を目指し戦略的業務提携を締結しました。

 

1.戦略的業務提携の背景

現在日本における60歳以上の人口は4056万人、2025年には介護人材の不足は34万人と見込まれています。一方、中国においては急速な高齢化が進み、現在60歳以上の人口が2億5000万人、2050年には3億7000万人と予測されています。

その中で、アセアン・フィナンシャル・ホールディングスと江山グループは、日中両国の友好関係及び両社の経営基盤、実績、ノウハウを活かし、「介護人材の育成及び日本への優秀な人材供給」「中国への介護職員の派遣及び日本式介護の教育・普及」を日中両国の双方向型の新たな人材ビジネスモデルとして展開していく予定です。

 

2.会社概要

アセアン・フィナンシャル・ホールディングス株式会社
商号  : アセアン・フィナンシャル・ホールディングス株式会社
所在地 : 東京都渋谷区東3-11-10
事業内容: 海外人材における人材事業
資本金 : 10億円
問合せ先: グローバル人材センター 03-5468-5962(取締役 袴田)

北京江山泰然健康産業集団有限公司
商号  : 北京江山泰然健康集団有限公司
所在地 : 中国北京市海淀区曙光街道正福寺路10号
事業内容: 介護老人ホームの運営及び介護教育
資本金 : 1億人民元
問合せ先: 東京事務所 03-3242-6314(首席代表 李)